猫のいる本屋さん

ガタゴト、住宅地の間を縫うように電車が走ります。
世田谷線は三軒茶屋と下高井戸間の約5キロ、10駅を往復する路面電車です。
三軒茶屋駅のお隣、西太子堂にある「Cat‘Meow Books」にお邪魔しました。
小田急沿線在住の私は、豪徳寺から歩いてすぐの世田谷線の「山下駅」から乗車です。
レトロな緑色の電車のほかに、期間限定で「豪徳寺招き猫列車」も運行していました。
幸運を運ぶ列車に乗って、世田谷線のプチトリップです。
お店は猫本専門店、新刊、古本が所狭しと並んでいて、
猫好きにはワンダーランドです。
私もかなりの猫本を持っていますが、見たことのない猫本を見つけては、
猫本の奥の深さに驚きました。
お店の奥は、ゆったり本を見ながらお茶ができ、
なんといっても素敵なのはお店の看板猫さんが自由に過ごしていることです。
猫たちは従業員?なんですが午後2時過ぎに行ったので、
お昼寝タイム。長い休憩取ってました(笑)
キジトラの猫二頭がスピスピと寝息を立てながら爆睡中。
シッター仲間とお茶を飲みながら、お喋りしていても
猫たちは気にも留めずにひたすら寝ていました。
キャットシッターの性(笑)で、猫を見るとスキンシップや声を掛けたり、
遊んであげたりしたくなるのですが、ここでは猫をただただ眺めるだけ。
猫は「そこにいるだけでいい」存在なんだってことを改めて実感したひと時でした。
猫カフェのように、猫と戯れなくても猫と同じ空間でただ同じ時間を過ごすのもいいものですよ。
本の売り上げの一部は保護猫さんの為に使われるので、
お気に入りの一冊をぜひ見つけてみてください。
画像

画像

画像

画像

画像

気持ちよさそうに眠る猫さんたち
「Cat’s Meow Books」
https://co-trip.jp/article/216727/

"猫のいる本屋さん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント