追い風ライダー

我が家のぷーちゃんが、おすすめの本を紹介します!

画像




既に「自転車で遠くへ行きたい。」というエッセイを出版されていた
米津さんですが、今度は小説を書かれたということで
読ませていただきしまた
キャットシッターは移動が多いので電車の中で
読み始めたのですが、もう危険すぎます!
何故かというと、読み始めたら夢中になってしまい
降りる駅を過ぎちゃうのです・・・

5つの短編が自転車という乗り物を通して繋がっていきます
二話には、キャットシッターも登場します!
人生の折り返し地点に立った人たちが、それぞれの人生の
「折り返し方」をさがします
読んでいると風が皮膚にあたったり、草の青々とした色や、タイヤの音や
汗ばんだシャツの匂いや、土煙までもが感じられます
小説を読みながら、映画を見ているかのような気持ちになりました
それは5つのお話に出てくる主人公たちが魅力にあふれているからなのでしょうね
といっても特別な人たちではなく日々を普通に生きているのですが
自転車に乗ることで自身を再生していく姿に、
読んでいる私も勇気をもらえたからなんだと思います

読み終えたら、自転車に乗りたくなります!
100キロくらい乗れちゃいそうに思えますが
それは無理なので、米津さんの本を読んで
遠くまで連れて行ってもらってください

「追い風ライダー」
米津一成 著
徳間書店



「追い風ライダー」フェイスブック
http://www.facebook.com/pages/%E8%BF%BD%E3%81%84%E9%A2%A8%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC/298274636939872

"追い風ライダー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント