被災地動物の報告

港北ニュータウン愛護会代表の
日向さんから被災地の報告が来ましたので
お知らせします
日向さんはとは、私の住む青葉区の地域猫活動でもご一緒したりしています
【港北ニュータウン愛護会HP】
http://www.satooya1122.com/

政府や行政の手が動物達にはまだまだ回らないようで
大きな愛護団体から小さな保護活動をしている人たちまで、
とにかく現地に行って、一頭でも多く保護をしているとの事です
勿論、保護した犬や猫(他の動物も)は保護した場所や特徴、
写真などを撮って行政に登録したのち、それぞれの活動の場所に
連れて帰っています


下記、日向さんからの報告です


ニュータウンの日向です。
東北関連レスキューのご報告とお願いをメールさせて頂きます。
先週土曜日にスタッフ4名で福島県に行ってきました。
原発20キロ圏内の南相馬市小高という町です。
行く前に受け入れた5頭がこの周辺からという事だったので、ポイントを絞ってみました。
町はゴーストタウンとなり、ほぼ無人で犬猫が徘徊している状態でした。
新たに犬2頭猫1頭を連れ帰りましたが、すべてを車に乗せてあげられず、本当に辛かった。
最初に比べ、減ってきたとは言うものの被災地にはお腹を空かせ、飼い主を待っている動物たちはまだまだいるのです。
そして政府発表の20キロ圏内立ち入り禁止区域へ。30キロ圏内の村も避難へ。
この決定事項がいつからになるのか分りませんが、そう遠くなく町は閉鎖されるのだと思います。
そうなるまでの間、できる限りの事はしたいと思いますので、今週金曜日にも又現地入りしたいと思っています。

そこで、お願いがいくつかあります
1、被災犬を被災猫を引き取ってもいいという方が身近にいたらご紹介下さい。
  現状では、「預かり先」ではなく「引き取り手」を探しています。
  被災地に行くのであれば、1頭でも多く車に乗せてあげたいと思っていますので、身近な方に聞いてみて戴ける
  と幸いです。  残されている子たちはほとんどが中型~大型の雑種犬です。
  又、おそらくお願いする事はこちらの状況的に難しいとは思いますが、念の為、一時預かりできる方もお知らせ   下さると幸いです。(犬猫ともに)

2 支援物資のご提供も合わせてお願いします。
  フードはドライでも缶詰でも!現地の子はドライを食べつけてないのか、反応が悪く、缶詰やジャーキーなどの肉
  類はとてもありがたいです。毛布、タオル、首輪、リードなどできれば中型サイズ以降のものが重宝です。

3 現在、どこに要請するのが一番効果的か検討中で、皆さんからの情報もお待ちしていますが、政府に対し、警   戒区域や計画避難の前に、残っている動物たち、新たに手放さざるを得ない動物たちへの対策を考て頂くよう働  きかけをしたいと思っています。これについては又お知らせさせて下さい。




被災猫(犬)の引き受けをしていただける方は
治田:09093694336 catsitterharuta@kpb.biglobe.ne.jp
山下:09026316904 cathylala@docomo.ne.jp
までご連絡ください

"被災地動物の報告" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント