ねこじゃら日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 20キロ圏内の動物

<<   作成日時 : 2011/04/20 16:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、食事会で集まった
編集者・カメラマン・ライターさん。総勢20名近く・・・
全員犬か猫と(両方と暮らしてる方も)暮らしています
家の猫の取材をしていただいた
ライターさんからのメールをもらいました

20キロ圏内が封鎖されるとという
情報もあります


-------------------------------------------------------------------------------
被災された上に原発のため立ち入り制限区域に指定され
「すぐに帰れるから」とペットの同伴を許されず、
結果的に置きざりにせざるを得なかった飼い主のみなさん!

ペットを迎えに行きたい飼い主さんの送迎をしてくれる
動物救済無料バスが21日(木)まで運行されます。
迎えに行けない方も、動物保護団体にレスキューの依頼をしてください。
室内に取り残された動物の保護は、飼い主さんの許可と場所の情報が必要です。
お急ぎください!!
レスキューしても飼えない状況でも、里親を捜してくれる団体もあります。

残されたペットを助ける最後のチャンスです!
もう時間がありません!

飼い主さん以外の方は、避難されている方・被災地の方に広めてください。



危険・警告今週木曜日(21日)までに現地で行われる動物救済活動です。


残された時間がないため、
団体さんや活動家の方のスケジュールが流動的です。
変更がありましたら随時更新&加筆していきます 。

なおこの一覧には物資提供や一時預かりの情報ではなく、
動物の救済や保護、迷子探しだけに限定させて頂きます

ーーー以下今週木曜日までの救済活動予定ーーー

【4月18日(月曜日】

●動物救済無料バス
(ペットを迎えに行きたい飼い主さんの送迎)
【問い合わせ】リーガルマインド
メール:mercedesboy@yahoo.co.jp
ウェブ:http://blogs.yahoo.co.jp/mercedesboy/archive/2011/4/8



【4月19日(火曜日)】

●室内に取り残された動物の救済

●牛の救済
※いずれも飼い主さんの許可と場所の情報が必要です、お急ぎください!!
【問い合わせ】犬猫救済の輪
メールフォーム:http://my.formman.com/form/pc/JnIklHwF7anlo3Uv/
ウェブ:http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-2058.html



【4月20日(水曜日)】

●置き去りペットの救済
※飼い主さんの依頼、噛まない犬、保護先のある犬のみ。
一部経費飼い主さんの自己負担
【問い合わせ】ぷーち
メールフォーム:http://www.pooch1.com/contact.html
ウェブhttp://www.pooch1.com/wp/?p=3116


●置き去りペットの救済(小高&原町地区)
【問い合わせ】アニマルエイド
メール:animal@poem.ocn.ne.jp
携帯: 090-6926-2090
ウェブ:http://animaleido.web.fc2.com/index.html



【4月21日(木曜日】

●動物救済無料バス
(ペットを迎えに行きたい飼い主さんの送迎)
【問い合わせ】リーガルマインド
メール:mercedesboy@yahoo.co.jp
ウェブ:http://blogs.yahoo.co.jp/mercedesboy/archive/2011/4/8


平成23年4月18日21日20キロ圏内行き
「動物救出無料バス」第2号運行予定!


第2号 平成23年4月18日(月) 雨天中止 
第3号 平成23年4月21日(木) 雨天延期


20キロ圏内行き「動物救出無料バス」第2号 
予定運行経路

※警戒区域の設定が行われた場合には中止となります。
※予告なく変更することがあります。  

□往 路  
(1)埼玉県加須市(旧「騎西高校」付近) 09:00 〜 
(2)東北道「安積パーキングエリア」 11:30 〜   
(3)磐越道「船引三春インター」 12:00 〜      
(4)福島県双葉郡大熊町/双葉町他 13:00   


□帰 路 
(1)福島県双葉郡大熊町/双葉町他 15:00 〜 
(2)「いわき市総合保健福祉センター」 16:00 〜   
(3)常磐道「いわき中央インター」 17:00 〜     
(4)埼玉県加須市(旧「騎西高校」) 20:00


【問い合わせ】
mercedesboy@yahoo.co.jp  
水谷 正紀 様まで

----------------------------------------------------------------------------
転載歓迎です!拡散希望
緊急のお願い(原発立ち入り禁止区域のペット救済)
環境大臣にお願いしています。
ご協力ください。

追加です。
こちらにも再度あなたの声をお届けください。!

時間がなく、横浜アニマルファミリー様のご協力で、
以下、環境大臣あて「東北関東大震災・立ち入り禁止区域の動物救済のお願い」
を作成していただきました。
横浜アニマルファミリー様HPより発信しています。

現地は地獄図です。
横浜アニマルファミリーではこの度、松本龍環境大臣に、
被災地特の立ち入り禁止区域に取り残されている犬猫の
救出をお願いするメールを出しています。
本日、横浜アニマルファミリーは福島に向けて出発しますが、
すでに現地入りしている他団体からの情報では、
屋内に取り残されている猫達は『共食い』『餓死』している。
犬はよろよろと歩いているといったまさに地獄図とのことです。
民間の団体や個人ではどうにも追いつかない状況です。
国に一刻も早く手を差し伸べていただきたいと思います。
横浜アニマルファミリーが環境大臣宛てに送信した文面は次の通りです。
どうか、皆様も環境大臣にお願いしていただけませんでしょうか。


次の文章にご賛同いただけましたら、
コピーなどしてご自由におつかいください。

--------------------------------------------------------------------


環境大臣  松本龍様、

東北関東大震災・立ち入り禁止区域の動物救済のお願い

非常時のご公務に感謝申し上げます。

現地で取り残されたり徘徊している犬猫等の動物救済を
急いでいただきますようお願い申し上げます。
この区域では避難の際に取り残された犬猫等が
餓死したり共食いしたりして目を覆う惨状です。
非常時とはいえあまりにも悲惨な状況です。
迎えに行けない飼い主も、救助に入っている団体、
有志国民そして海外のメディアも苦悩しております。
特に飼い主の壮絶な苦しみをお察しくださり、
早急に以下の措置を特段のお取り計らいをもってお願い申し上げます。

1)飼い主自身が迎えや捜索に行けるようにして下さい。
マイクロバス等の手配をするなどの措置をお願いします。
自分で行けない飼い主は愛護団体等に救助を依頼できるよう
橋渡しをお願いします。

2)飼い主や愛護団体等が救出したペットを一時保護できる場所を用意してください。

その場所で獣医師による応急治療もお願いいたします。

まだ生きている命がこれ以上苦しまないよう、
被災した飼い主はじめ多くの国民の悲痛な思いをお察しいただき、
早急にご検討、お手配のほどお願いいたします。
 
メールの宛先(環境省、MOEメール)はこちらです。
https://www.env.go.jp/moemail/

--------------------------------------------------------------------

以下は私も会員の
ホリスティック・ケア・カウンセラー事務局からのメールです
↓↓

------------------------------
  ◆続・被災地の現状レポート
 ------------------------------

 4月初旬に、福島県の原発事故避難指示地域での動物たちの様子を
 レポートした受講生のブログをご紹介しましたが、今回はその後の
 レポートです。

 今回は、受講生とは別の方が現地へ動物レスキューに赴いた際の
 状況を転載したブログをご紹介します。

 やはり、まだ上記地域に取り残されている動物たちがおり、かなり
 衰弱していたり、中には残念ながら亡くなっている子たちもいるこ
 とが報告されています。

  【ブログ内容はこちら】
   http://ameblo.jp/pato1421/entry-10864938617.html


 やむを得ず動物とはなれて避難せざるを得なかった飼い主さん、
 命の危機が迫っている動物たち、そして放射能の危険が迫る中
 自ら動物をレスキューしてくださる人たち。

 いずれも、すぐ解決しなくてはならない問題です。

 まず、私たちがこの事実を多くの人に発信し、知っていただく
 ことで改善の一歩につなげたいと思います。
 みなさまもご自身のブログに掲載したり、お知り合いにお話され
 るなどして広めていただければ幸いです。


 なお、先日ご紹介しました『Natural Dog Style』での署名運動で
 すが、4月14日現在で94,000名の署名が集まっているとのことです。
 また、『緊急災害時動物救援本部』からも、環境省へ仮設住宅へ
 のペット入居を強く要請しているようです。

 環境省のサイトには、被災ペットへの対応状況がアップされてい
 ますが、岩手県陸前高田市・釜石市では、仮設住宅へのペット入
 居が可能になったようです。

 【環境省HP 被災ペットへの対応状況】
 http://www.env.go.jp/jishin/pet.html





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20キロ圏内の動物 ねこじゃら日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる